ナチュラルギフト

出産祝いを贈る >HOME

出産祝いのコツ

出産祝いにプレゼントを贈るならいくつかのポイントを守ってママさんに喜ばれるプレゼントを考えましょう。用意周到なママさんは赤ちゃんが産まれる前にある程度の必要な雑貨や消耗品は取り揃えているものです。

出産祝いに贈ったプレゼントがすでに用意してあるものと被ってしまっては嬉しさも半減してしまいます。

直接何が欲しいか聞いておけるのであれば苦労はしないのですが、立場上聞けないときもありますよね。そんなときのために失敗しない出産祝い選びについて理解していきましょう。

バルーン電報専門店のファンタジーワールでは結婚式や誕生日にぴったりのかわいいバルーンを販売しています。

ママさんが自分では買えないものをチョイスする
出産祝いのプレゼントは大抵定番のものを贈る方が多いです。確かに無難でいくつあっても困らないようなものは嬉しいのですが、たまには欲しくても自分ではなかなか買えないものをプレゼントするのもいいと思います。

たとえば、ママさんがこれ可愛い!と思っても余計な出費を恐れて実用的なもの以外の商品はなかなか買わなかったり予算をオーバーして買えなかったりと諦めてしまったものを出産祝いの場を借りてプレゼントすることができます。お花なんて部屋に飾りたいけど、意外と買えないものです。そこでプリザーブドフラワーや生花のアレンジしたプリザーブドフラワーギフトは人気があるのでしょう。

たとえ諦めていたものでも欲しいものは欲しいのだから、プレゼントされると嬉しいはずです。
長い間使えるもの
赤ちゃんは成長がとても早いのであっという間に大きくなり、ベビー服などはすぐに着れなくなってしまいます。

そのためにもワンサイズ大きなベビー服でシンプルなものを選ぶと良いのですが、逆に赤ちゃんが成長した後インテリアとして部屋に飾ることができる可愛い柄やリメイクできるベビー服もプレゼントとしておすすめです。

そうすることによって着るだけではなく、様々な使い道が出てきて一石二鳥ですよね!一瞬ではなくずっと喜んでもらえる出産祝いを選びましょう。
メッセージカードは、後で思い出としてアルバム等に挟んでおくと記念になりますよ。
自分が贈られたい物
出産祝いのプレゼント選びに限らず、プレゼントやギフトを選ぶ際は自分が贈られて嬉しいかどうかを基準に考えるのも一つの手です。

出産を経験した事がない方でも、こうやって考えるとプレゼントを目の前にしたとき本当に使えるものなのか、喜ばれるものなのかが判断できると思います。

よっぽど出産祝いを贈る相手と趣味が合わない以外ではまれに失敗がないのでこの方法でプレゼントを選んでみるのも良いかも知れません。記念品として名前の入った贈り物なんかはいいんではないでしょうか? → 出産の内祝いに名入れギフト
安全性を考える
出産祝いのプレゼントで大切なのが赤ちゃんへの安全性を考えることです。赤ちゃん用のおもちゃなのに小さなお子さんが使用する場合は充分気をつけて下さいなど意味不明なことが書かれているものは結構たくさんあります。

赤ちゃんに少しでも危険が及ぶようなおもちゃや備品などは贈らないほうがいいでしょう。何でも口にする赤ちゃんですから、塗料などにも充分な配慮が必要です。

塗料によっては舐めるだけで気分が悪くなったりするものもあるので、よく確かめてから購入したほうが良さそうです。

pickup

Copyright © 2009 出産祝い All Rights Reserved.