ナチュラルギフト

出産祝いを贈る >HOME

出産祝いのマナー

人生の嬉しいイベントの一つでもある出産♪すぐに赤ちゃんとママさんに会いに行きたい気持ちは分かりますが、出産祝いを贈る時期や赤ちゃんを見に行くにも一般的なマナーがあるんですよ。

常識的に考えて赤ちゃんとママさんに負担のかからない出産祝いをしましょう。出産祝いのマナーと、内祝いのマナーもついでに覚えておくと後々のためにも良いと思います。内祝いなどせっかくのお祝いで贈るギフトなのに迷惑や失礼を与えてしまってはなりません。内祝いといえどもマナーを守って祝いましょう。内祝いのマナーについては今後取り上げる予定ですのでお楽しみに♪

産まれて直後は避けて
出産祝いを贈る際は赤ちゃんが産まれた直後は避けましょう。出産は大変体力を消耗するので、母子共に疲れているはずです。絶対出産直後はダメと言うわけではありませんが、出産直後のママさんに無理をさせてしまうので極力日にちを空けてから会いに行きましょう。

一般的に赤ちゃんが産まれてから七日後〜一ヶ月以内が良いとされています。ママさんに気を使うなら退院してから二週間後くらいがベストでしょう。どうしても早く出産祝いを渡したい方は郵送でプレゼントを贈るのが最適です。

一ヶ月を過ぎてしまった方も大丈夫。三ヶ月以内なら出産祝いとしてプレゼントを贈っても問題なさそうです。

赤ちゃんが産まれたのを確認してから贈る
出産祝いの大前提は赤ちゃんが産まれてから出産祝いを贈ることです。万が一死産だった場合大変な事になりかねないので・・・。出産時にトラブルに見舞われるケースも少なくありません。

ママも赤ちゃんも健康で無事なことが確認取れてから出産祝いを渡しましょう。
一報を受けたらかならずメールか電話でお祝いの言葉を
無事に出産したと報告があれば、FAXかメール、電話などでお祝いのメッセージを届けましょう。

まだ直接会いに行くことは出来ませんが赤ちゃんの誕生をみんなで祝うのがマナーです。
現金の出産祝いは祝儀袋で贈ろう
出産祝いに現金を贈りたい場合は祝儀袋に包むのが一般的とされています。祝儀袋を選ぶ基本としては紅白・赤金・赤銀の水引が使われているもので、水引の本数は5本か7本です。

水引が蝶々結びになっている祝儀袋を選び、表書きは「御祝」や「祝ご出産」と書くのが一般的です。

Favorite

スカイグループの手配センター

Copyright © 2009 出産祝い All Rights Reserved.